スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イシュガルド感想 

○FF14
ネタバレ豊富なので続きはワンクッション置きます。




大変素晴らしいストーリーでした。
人と竜の邂逅!争いの歴史に翻弄される者と、それでも争いを止めようとする者!
特に序盤の「竜側の人であるイゼル」と「人側で、竜を討つ者であるエスティニアン」
そしてそれらの中庸に立つ者である光の戦士とアルフィノの旅路はとても魅力的でした。
何度か「家族か!!」とツッコみを入れたくなったこともしばしば。
エスティニアンによるイゼルやアルフィノへの要所要所で見せるデレ!
第二部ではあんまり好きでもなかった筈なのにぐいぐい良いキャラになっていくイゼル!
同じく第二部では天狗になってるクソガキって感じだったのに一度完全に
ぼっこぼこになってからどんどん成長を見せて素敵になったアルフィノ!
もうたまりません。

特にエスティニアンは光の戦士へのデレっぷりも凄まじく、
竜騎士クエストを進めていた人にとっては垂涎モノでしょう。
私も忍者をメインにする前は竜メインだったのでだいぶ転げる事が出来ました。


○各コンテンツ感想

・ダスクヴィジル
特記事項なし。メインを進める上で必ず必要なものではないので当然といえば当然。
ドロップ装備のILが超高くて「これがイシュガルドからの基本かー」と感慨深かったです。

・ラーヴァナ
直前の蛮神大決戦ラーヴァナvsシヴァがアツかった。理由があるとはいえ今までずっと
「じゃあ後は光の戦士よろしくね」だった蛮神戦で、「自分が戦う!」と頑張ってくれた
イゼルは高く評価したい。そうだよなあシヴァ降ろせるもんなあ。頑張ったよ。
仕方ないよ。多分クリスタル沢山あったり極モードになったらもっといい勝負出来てたよ……
肝心のラーヴァナ戦は一度全滅。落としギミックで落とされても上の様子見れるんだねー、
なるほどですねー!これなら疎外感生まれにくいもんねー。
ラーヴァナのキャラが結構好きだったので戦闘スタイルもなかなかわくわく出来ました。
火の型!チャンドラハース!土の型!かっこいい。

・ソーム・アル
登山。後半、視界が開けて「頂上が近いぞ!」と思える演出はなかなか綺麗。
ボスはニーズヘッグの妻だかかこってる雌ドラゴンだったかそんなん。
バハムートやってネールさんでつまづいてるとあの「ヒィンヒィンヒィン」とかいう
警告音と共に降ってくる隕石マークが大変怖くて怯えます。
あとは登頂後のモーグリ関係でイゼルが大変かわいかったのが良かった。
かわいいもの好き属性ですか!なるほど!!あとエスティニアンさんが
モーグリに対して辛辣でめっちゃイライラしてるのがじわじわきました。

・ドラゴンズエアリー
ここに来ればいつでもエスティニアンと共闘できる素敵コンテンツ。
ラストはニーズヘッグとのガチバトルですが、竜の眼を最大限に駆使し
エスティニアンが頑張ってくれるため、なんとか4人でも相手に出来るという展開。
ニーズヘッグを殺す時のエスティニアンの嬉しそうな狂いスマイルムービーも
なかなか高ポイント。

・イシュガルド教皇庁
教皇絶対許さねえぞオラアアアア!!!!!!!
生身蛮神降ろし相手への連戦!アツい!とか思っていたのですが
ラストのムービーで完全に崩れ落ち、一晩あけないと続きが出来ませんでした。
人気投票一位のキャラをあんな……
割りと本気でしばらくダメージが大きくて、よろよろしながら先に進めていました。

・ビスマルク
2.0シリーズの防衛戦は完全にラオシャンロンでしたが、今回は完全に
ジエンモーランでした。イルー死ブしてる竜騎士さんがいたんですが
あれあの場所からも落ちるんですね。落としてくるようなノックバック攻撃が
全然なかった気がしてちょっとびっくりしました。極だとあるんでしょうか。

・図書館
面白ギミック盛りだくさん。ラストのビブリオマンだか何だかのデザインが
やたらクセがあって面白かったです。デモンズブックウォールは
「アアーーー!!なにこれなにこれ!!アアアーー!!」とか叫びっぱなしで大層スリリングでした。
初見でいったとき、野良の方が大層優しくて「ギミック説明一切しません!
体で覚えましょう!」とか言ってくれる人だったのでどれも新鮮に楽しめました。
説明する方が楽に出来る筈なのに……本当にありがたかったです。
ヤ・シュトラさんの師匠であるばーちゃんも結構良いキャラしていて
なかなか楽しかったです。

・魔科学研究所
全体的な雰囲気がバハムート感漂っていて、「バハ行った人へのご褒美だよ!」って印象。
アラグ文明だもんなあ……こういう雰囲気になるよなあ……と思っていたら
バハムートボスに変形しまくり各ギミック叩きつけてくるびっくり中ボスが出現。
マジかよ。
その後のフィールドを抜けてついにラスボス!
アシエン2人同時討伐!!!殺す気か!!!
そうだよねー、言ってたもんねー。そろそろ殺す時だなーって。
アシエンフュージョンの後、ようやくアシエン達を撃破。長かった戦いもこれで最後……

・ナイツオブラウンド
と思いきや来ますよねー、そうですよねー。
新世界の神宣言をした教皇だけならまだしもこれって12+1の合計13蛮神を
同時討滅してるってことになるんでしょうか。すさまじい。
しかもあのHPの減り方からして各ナイツオブラウンドそれぞれの耐久力って
ボス戦での雑魚ってことで総量減ったりしてないんじゃないでしょうか。
素の状態のボスを各ギミックこなしながらどんどん対処していく事が求められてますね!?
超楽しかったです。でもこれ討伐・討滅ルーレットであたったら時間めっちゃかかりそうで
ちょっとへこむなあ……楽しいことは楽しいんですが。


その後エンディング。
エスティニアンさんとはこれからも長い付き合いになりそうで、
以降のストーリーも大変期待出来ます。


ffxiv_20150704_153142.png

(闇の戦士ってマジでジョブ戦士なんだ……)
スポンサーサイト

[2015/07/05 17:11] 雑記 | ト ラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neosino.blog99.fc2.com/tb.php/841-1d13b4c8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。