スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンプリート 

○平成ライダー
今日、ようやくTVで放映された平成ライダー全話を観終える事が出来ました。
時折やっているのを観たり、記憶から一部ストーリーが飛んでいたり
するのを除けば、ディケイドが始まった時から全話追い始めた事になるので
観た順番は
ディケイド→W→剣→555→オーズ→クウガ→
→アギト→カブト→キバ→響鬼→龍騎→電王

だったかと。
Wとオーズの放映中に剣~クウガを見たのでそこらへん前後するかも知れません。
全部面白かった!と言う事は出来ませんが、
どれも違った魅力のある作品でした。
個人的にはやはりWが一番好きです。
次いでハズレの話の少なさとキャラの魅力から電王ときて、
今放映中のフォーゼもラストどうなるか判りませんが好き度は
かなり高めに落ち着くと思います。もし最後までお気に入りだったら
主人公名に「たろう」付きの平成ライダーは全部面白いよって…布教するんだ…!

以下、ざっくり感想

・クウガ
平成ライダー1作目。CG技術は置いておいて、話作りに制作側の熱意を感じる。
少しづつクウガの力の使い方を覚えながら戦っていく展開に引きこまれた。
劇中のグロンギ等に対する世間の反応でリアリティを出しているのが良い。

・アギト
ノリが明るい。最初の頃にあったクウガと繋がっている風な雰囲気は何処へ。
主人公があほっぽくて好き。氷川さんとのかけあいも小気味良い。
ライダーのデザインではバーニングフォームが特にパワー感溢れていて良かった。

・龍騎
ループものとしては「タイムベント」の話が特に良かった。
やはり主人公が魅力的。ライダー同士のバトルが面白い作品。
どのライダーも自分の求める物の為に戦っていた点に共感出来る。

・555
アクセルフォームが素晴らしい。ブラスターも劇場版の格好良さは特筆モノ。
草加はいいキャラしてるとは思うがライダーで嫌いなキャラの上位に確実に入る。
ラストが打ち切り漫画のようだったのが残念。

・剣
序盤、しょうもない理由でライダーバトルに持ち込まれているのを見て
げっそりしたが終盤~最後までの展開はかなり魅力的。良い終わり方だった。
剣崎も始も素晴らしかった。キングフォームは偉大。

・響鬼
明日夢くんがライダーにならなかったのが個人的には勿体無かった。
個人的には「ひびきさんと会って何かが変わって来ました!」の何かが
ふわふわしたまま進んでいった感。魔化魍退治の雰囲気は少し好きだった。

・カブト
後半はキャラクターの個性だけで話をごり押しながら進んでいった感。
神代が大好きなのでそれでもかなり楽しめた。
クロックアップの演出は最高に格好良い。一部グルメ番組してた。

・電王
コメディ路線にかなり飛ばしているかと思いきや、
シリアスな点もある等かなりの良作。ノリの良さが好み。
ゼロノス組といい主人公組といいキャラの魅力に溢れていた。

・キバ
中盤~後半まではだるかったが、40話前後からの
過去編と現在編がつながっていく展開に引きこまれた。
紅音也が素晴らしい。劇中ライダーでは音也イクサが一番好き。

・ディケイド
平成ライダーの集大成。TV最終回は心の底から不満だったが、
映画の「人の記憶で蘇る」展開は好きだった。士のキャラも嫌いではない。
お祭り作品として楽しめた。

・W
現代特殊能力バトルもののような話の展開が特に好み。
翔太郎とフィリップの成長も魅力的で、毎週楽しめるライダーだった。
ジョーカーが素晴らしく格好良い。渋い。

・オーズ
山場があまり無い印象。終盤は好き。
最終回は歴代平成ライダーの中でも屈指のアツい展開だった。
人間側やグリード達のキャラの魅力もなかなかの物。


以上!
細かく語ろうとすればいくらでも感想を言えますが、
1記事に収める為にこれ位で。
スポンサーサイト

[2012/04/11 18:30] 雑記 | ト ラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neosino.blog99.fc2.com/tb.php/776-14193fd2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。