スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Oh…… 

フェンリルさん「取り置き分から半々さんの新刊をいただきました」
(09/06の日記より)
fuuun.jpg
取り置き分が…無かったのは…その為か…(僕だけ半々さんの新刊もってない



・仮面ライダーオーズ第一話「メダルとパンツと謎の腕」
毎週書けば一月4回更新だよ!やったね!

物語は静まり返った美術館から始まる。
2人の警備員が、ひっそりと保管庫へと侵入していた。
彼らは泥棒。金目のモノを盗ろうと、夜勤警備バイトについたのだった。
……何か無くなって居たら真っ先に彼らが疑われると思うんですが、
きっと監視カメラを切っていたりと画面外では用意周到だったに違いありません。
このお話の主人公である映司くん(同じく警備バイト)は、
睡眠薬入りのジュースを飲まされて昏睡してますし、きっと色々やったのでしょう。

美術品を漁る彼らの横には巨大な棺と、何やらいくつものコインが。
そのコインが寄せ集まり、異形の腕に変化したのに彼らは気付きません。

ここまで書いて気付いたけど、目玉のシーンを厳選しないと
文章量ひどいことになるね!!
目指すは「レビューを見た人も次回から見たくなるオーズレビュー」!
頑張って行きたいと思います!(キリッ

異形の腕の正体は800年前にも現れた怪人グリードの一人、アンク。
アンクは棺を空け、他の4人のグリードをも復活させてしまった。

恐れおののく泥棒。そして、グリード復活の知らせは
鴻上ファウンデーションの誇るライドベンダー小隊にも届いた。

颯爽と現場に急行する小隊。がんばれ隊員。負けるな隊員。

開始数十秒で全滅。
グリード強し!!

しかし、鴻上は小隊の全滅の報を聞いても何故かグリードの復活を
喜ぶようなそぶりを見せたのであった。


事態も収まった頃、ようやく目を覚ました映司くん。
壁がドリフのような壊れ方をして、美術館を取り囲んでいた警察の前に
パンツ一丁で放り出されてしまいます。どう見ても不審者。
病院に運ばれていく泥棒たちを前に、刑事に
「知り合いか?」とたずねられても
「朝からの長いつきあいです。ジュースをおごってくれたり、
とってもいい人達なんですよ!」
と、人を疑う事を知らない様子。
うん、いいキャラだ。
自分のパンツに穴が開いてしまったのを見て「俺の明日が!!」とか言って
激へこみしたりとパンツ押しがなかなか強い(OPにまでパンツが!)ですが、
この明日のパンツと今日を生きる小銭さえあればいい、という執着心のなさは
気になるところです。


なんかちょっと眠くなってきた!ここでやめていいですか!!
気が向いたり需要があったりしたら続きを書きます。
オーズ!オーズ!オーズ!

【2010/09/08 20:30追記】
・仮面ライダーオーズ第一話「メダルとパンツと謎の腕」後半
OPの「Anything Goes! 」は名曲ですよね。
歌い手さんが休養中なんでしたっけ。直前に良い曲を貰っているなぁと言った所です。
正確な歌詞がまだ判らないのですが、

いらない持たない夢も見ない フリーな状態 それもいいけど
運命は君ほっとかない 結局は 進むしかない
大丈夫明日はいつだってブランク 自分の価値は 自分で 決めるものさ
\オーズ!/\オーズ!/\オーズ!/\オーズ!/\カモォーン!/
Anything Goes! その心が 熱く なるもの 満たされるモノを探して
Life Goes on! 本気出して 戦う のなら 負ける気 しないはず


大体こんな感じでしょうか。バックコーラスは僕には聞き取れません(*‘ω‘ *)
主人公に何か悲しい過去があり、住所不定無職になって周囲のものに
執着しなくなった という話を時折耳にするのですが、歌詞から
映司くんのこれからの物語が想起できるようで大変素敵です。
希望に満ち溢れている歌っていいですよね!サビの部分がまた激アツなんですよ。
AtoZ運命のガイアメモリの主題歌に続いて、CDが発売されたら買いたいと思える
耳に心地よい曲です。いや、本編も面白いんですよ!?
ただ、このOPだけでも仮面ライダーに興味ない方にも是非聞いて欲しいなぁと。

すぐに消えちゃうかもしれませんがこれを。
消えてて見えない?ニチアサにちゃんとTVで見るんだ


さて、1話の前半でグリードが800年の眠りから目覚めたわけですが、
彼らの体が何故かところどころOPの完全体と違い、くすんだ色になっています。
どうやらアンクが彼らの体を構成しているメダルをかっぱらっていってしまった為、
完全復活には至らなかったようです。
一方、美術館から出た映司くんの手にはタカメダルが!
彼は美術館に居る時に拾ったそれを警備員のバイト代に勘違いしてしまっていたのです。
ワンコインが1日の給与ってどんだけだ。
バイクに変形する自販機(コインで動く)が街のいたるところに置かれているそうなので、
きっとこのメダルは鴻上ファウンデーション製の何かに使える素敵メダルなのでしょう。
しかし、小隊員の使っていた灰色コインと違って映司くんが手に入れたタカコインは
なんともカラフル。それもその筈、彼の拾ったメダルこそ、
グリードの核となるコアメダルだったのです。

自分のコアメダルをどうしても取り戻したいアンクは映司くんのコアメダルを狙いますが、
映司くんも流石に給料を盗られたくはないので逃げます。映司くん価値わかってない。

逃げた先で遭遇したのはカマキリ型の怪人。
彼はヤミーといって、人の心の欲望からグリードが創り出したメダル生物です。
止めようとした刑事やアンクを襲うカマキリヤミー。
それを見て映司くんは、倒れた刑事の拳銃で応戦します。
拳銃を持つ手がなんだかサマになっており、放浪生活の中で様々な経験を
積んで来たに違いない、という事がよく判ります。

そんな様子を見て、アンクは「あの馬鹿使える」とか言いながら
映司くんにオーズへの変身を持ちかけます。
それをみたカマキリヤミーが慌てて「ただではすまない」等と言っていましたし、
おそらくオーズへの変身には何か致命的なデメリットが伴うのではないでしょうか。

アンク「助かるには変身するしかない」
ヤミー「乗せられるなアンクに!使えば、ただではすまない」
アンク「おい!多少のリスクがなんだ。ここで二人とも死ぬよりマシだろ」
ヤミー「よせ!」


しかし、そんな不穏な事を聞いても映司くんは不敵に笑い言い放ちます。
「あちこち行ったけど…楽して助かる命が無いのは、どこも一緒だなぁッ!」
正義の馬鹿が大好きな自分は、もうこの一言だけでハートキャッチライダーですよもう。
映司くんがんばれ!

アンクから渡されたベルトに、アンクの持っていた2枚と自分の1枚のメダルを入れて
立ち上がる戦士、仮面ライダーOOO!
変身音タカトラバッタ!タトバ タ!ト!バ!シャキーン!
映司「なんだ今の歌!?」
アンク「歌は気にするな!」

変身音へのツッコみを入れるとかメタすぎるぜ!!
そう言うところも嫌いじゃないわ!
「強さは戦ってみれば判る」、と言われ、華麗にカマキリヤミーを倒した映司くんでしたが
アンクはそれを見届けた後、刑事さんの体を乗っ取ってしまいます。
腕だけの状態では動きづらいのは判りますが、第一話から人死にですか!!
それとも、本当は生きていて仮死状態のままアンクに動かされているだけなのでしょうか。

オーズの初回の変身で、タカ・トラ・バッタでタトバってのは判りますが
トラはすぐにカマキリメダルに差し替えられ、タカキリバで戦っていました。
かわいそうなトラ

初期フォームは第一話くらい活躍させてあげテ!!と思うんですがどうなんでしょう。
トラメダルの活躍を願いつつ2話へAnything Goes!


拍手返信
>自宅で飲み会やった時、SFCのストⅡを繰り出したら全員みなぎりすぎ。
>そのまま朝8時まで全力で大騒ぎして次の日死んだ。

スピニングバードキック! ソニッブゥム ソニッブゥム ソニッブゥム ウーアッウーアッウーァッ ヤッター!
名作ですよね。
スポンサーサイト

[2010/09/08 02:46] 雑記 | ト ラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neosino.blog99.fc2.com/tb.php/708-82d8d894


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。