スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

学費欠乏。洒落にならねー 

ハムゥ、ハフハフ。ホームパイお”い”ぢい”でずっ・・・!(挨拶

バイトがようやく決まってお菓子を買える様になりもうした。
これで魔人エンゲルに進化できるッ ハフゥハフゥ もう食べられないブヒー。
それとは別に学費を稼ぐために後期の休日は殆ど全て吹き飛びそうです。
あれ・・・就・・・活・・・(゙゚'ω゚')

コミケレポ漫画を描こうとも思ったのですが、描く為には
超イケメンなトミィをズビズバ描く技量が必要な上に
ギャグ的に考えてあんまり面白いものになりそうになかったのでやめておきます。
「違いまあす☆レポ漫画はギャグとかじゃなくて読むだけで面白いんでえす☆」とか
言うような人は自分で描けばいいじゃない(*‘ω‘ *)

AM5時 半々さんのモーニングコールで起きる。
半々「メチャ寝起き声だなw」
ねおしの「うん・・・・・・」
睡眠時間約3時間。うとうとしながら家を出る。

会場最寄駅到着。
半々さんと合流。瀬田さんとも合流する筈が、何故か居ない上に連絡が付かなかったので
半々さんがトミィと陸くんに電話。瀬田さんが駅で倒れ、休憩室に運び込まれた事を知る。
多少焦りつつ半々さんを集合場所に残し、休憩室へと急ぐ。

瀬田さんと合流。
休憩室に入って「やっほー」とか言ったはいいものの顔色が信じられないほど悪かったので
次の言葉が出ない。瀬田さん本人は「大丈夫」と言っていたが、少し休んでから
半々さんの所に戻る事にする。

集合場所に戻った後、陸くんと合流。
陸くんは一般入場なので一旦別れ、3人でサークル入場。
スペース設営のお手伝いを開始する。
広告ポスターに描いてある咲夜さんのCHIKUBIがモロであったため、
半々さんが係員の方にお叱りを受ける。「☆の形に紙切って貼り付けようぜ!」とか
思いつきで提案したら通ったため、CHIKUBIに紙をぺたぺた貼り付ける事に。
なんだかちょっとドキドキしたので「背徳的な気分になるね」と言ったら
半々さんから養豚場のブタを見るような目で見られた。あんまりである。

設営が終わった後、八色さんのスペースまで八色さんとトミィとはもやさんに会いに行く。
八色さんとはもやさんは挨拶回りに出かけていた為、居たのはトミィだけだった。
家にあった未使用のエロ本を投げつけたところ、同人誌のパシリを頼まれる。
同じものを2冊。幸い半々さんは一人でもなんとかなると言ってくれたので
一般入場開始後に買いに行く。2冊目は他の人に頼まれたんだろうかと思いつつ
物欲しそうな目をしてブツをトミィに渡したところ、なんと貰う事が出来た。超太っ腹。
流石イケメンだよ。ありがとう、ありがとうトミィ。
その場で踊りだしそうになる衝動を抑えつつ半々さんのスペースに戻る。

これ以降はまた後日気が向いた時に。


拍手返信
>お久しぶりでしたあるれんです。仕事(?)の邪魔してすまない(´・ω・`)と
>半知半能さまにお伝えください。つるぺったんのよさがちょっぴり分かったよ兄さん
>小説?現在進行形だぜワロス。絵は……うーん、もし描いてくれるなら、
>設定絵とかじゃなくてメカとロボットと名無し少年Aみたいなのがいいなぁ。
>背景とか凝る必要は全然ないから、イメージイラスト、みたいな。
>あ、いや、別に描かなくてもいいよ。いいんだからねっ!ばかばかっ!

だってさはんちー!!ところで小説アレ半年くらい止まってないか?w
名無しというと目が隠れていてセリフが「おちろぉー!」とか
「う、うわぁー!」とかしか無い様な感じじゃろうか・・・(酷い認識だ)
メカとロボってやたら苦手だぞ僕w ゲーム作成で書く必要が出てきて
ちょろっと書いたけど駄目だった!僕には無理だった!!
で、でも描きたくなったら描くんだからね!勘違いしないでよね!
あるれんに喜んで欲しいわけじゃないんだから!!
スポンサーサイト

[2009/08/21 22:35] 雑記 | ト ラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neosino.blog99.fc2.com/tb.php/630-2458fd0e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。