スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あたりきしゃりき・・・・・・てね 

「それでも町は廻っている」5巻購入。
紺先輩が良すぎる・・・(ゴクリ
石黒正数先生の絵は人物の表情が生き生きとしている上に、
背景もちゃんと書き込んであって素敵です。
ギャグ漫画のようでいて、時折あるシリアス話もまた素敵な所がそれ町の魅力。
いつもと変わらない筈の日常に影を落とす非日常の存在、そして日常への回帰。
日常とファンタジーが混在している中で、主人公達はのほほんと暮らしているのです。
ああ・・・それにしても紺先輩いいよ紺先輩
歩鳥もあほで可愛くてほんっっっの時折見せるシリアスムードがこの漫画を
象徴していて大好きですが、5巻は紺先輩を推したい!
いやでも歩鳥のあのあほっぽさが・・・いやいや紺先p(以下省略


今日は中高時代の友人達と遊び呆けていた訳ですが、
Feにちょっとだけ読ませてもらった世界樹の迷宮の特製ミニコミ誌が
面白くて面白くて。アレ世界に100冊前後しかないんだよねぇ・・・
開発秘話などなどがたっぷり詰め込んであり、
よだれが滝のように出るレベルで羨ましく。(*‘ω‘ *) 妬ましいわ
「あれの当選はランダムだろう」とか本人は言ってましたが、
今読み返してみてもFeの世界樹レビューは面白かったので行って読むべし。
それにしても世界中の迷宮設定資料集に絵だけでも載ってないもんじゃろか('A`)
スポンサーサイト

[2008/12/27 23:23] 雑記 | ト ラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neosino.blog99.fc2.com/tb.php/495-2d77589e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。