スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ほぼ私信 ~看板エスペMTGのお話~ 

MTGオリカ話っ
今回行ってきたオフ会で、せったんが企画した「エスペランサーTRPGに出たキャラと
看板キャラをMTGカードにしていろいろ遊ぼうぜ」というものの
カードの性能・バランス・テキストをいろいろ作る役割を担当させて貰ったわけですが、
それはもう最高に楽しかったです。0から環境を作ることの面白さ!
滅茶苦茶堪能させて頂きました。しかもオリカを3桁枚数作ってそれで終わりではなく
オフ会に来た人たちで遊んだという・・・もうアレです。感無量です。
MTGで遊んだ事がある人ならこの感動がわかる筈!

さてはてここまではいいのですが、流石に百を超えるカードがあると
環境においてぶっこわれたカードというものが出てくるわけでして。
例えばガラクを最初に見たときは「開発部何やってんだ!こんなカードに
GOサイン出すんじゃねー!」とか呆れ返ったものですが、今ならなんだか
コースト社の開発部の気持ちが分かるような気がします。

~ここから一人恥さらし大会~
環境の速度は4マナが主力。1ゲームを長く楽しみたかったので低速気味にしました。
5ターンではまだクリーチャーの数もちらほらと言ったところです。
ついでにマナ加速クリーチャーもそんなに居ない上、土地破壊がほとんどないので
かなりのゆっくりゲームです。クリーチャーの性能は総じて低め。
3/3能力なしが場にポンといるだけで威圧感を放てます。4/4とかは出るだけでもかなりのもの。
火力の最強はRRRで4点の対クリーチャー。除去の最強は再生可能で黒も殺せる『恐怖』です。
ここまでを前提条件として、以下失敗集。

・セレナス=グラングーレ+リネッサ=ルートウォーターのコンボ
のっけからカード単体ではありませんが、一番目立った失敗がこれ。
前者は攻撃が通ればデッキからインスタントをサーチしてこれる『詩渡り』クリーチャーで、
後者は『詩渡り』をブロック不可にする効果が。ローウィン環境の超高性能部族デッキに
慣れてしまったのでこれくらい普通だろHAHAHAとか思ってしまったのですが、
環境のインスタントがやばすぎて、これだけでゲームが終わります。終わってました。
『サーチして手札に入れる』ではなく、先触れ効果で
『サーチしてデッキの一番上に置く』にして、さらに持ってこれるインスタントを
『波紋』限定にしていたならまだバランスは取れていたかと。

・画期的接取法 2G インスタント
 対象のクリーチャーに+1/+1カウンターを3つ置く。

クリーチャーのP/T性能が低い環境で永続強化インスタントはないわー・・・
1こか、せめて2こにすべき。対戦でもこのカードが場を荒らしていました。

・レスト=カヴァール 4B 4/2 聖十騎士団
 先制攻撃
 このクリーチャーはあなたの対戦相手がクリーチャーを1体もコントロールしていない時、
 -4/±0の修正を受ける。
 このクリーチャーは呪文や能力によってダメージを受けない。

最後の文章IRANEEEEEEEEEEEEE!!
大体、デメリットがあってないようなものです。クリーチャーをコントロールしてないって
それブロックできる奴が居ない=ほぼ負けじゃないですか。そんな時にレスト君の力は
どっちにせよあんまり必要ありません。もっとダメージ量では半端なく強い子が居ます。
その子は元ネタの主人公的存在なのでまぁいいのですが、問題はこのクリーチャーが
主人公でもなんでもないこと。ただのNPCです。これは悔しい・・・
さらに、4点の先制攻撃というのも大問題。呪文や能力が効かないため、タフネス2が
全然削れないのに4点以下のタフネスのクリーチャーは瞬殺とかもう・・・!
なんでGOサイン出しちゃったんだろう/ ,' 3  `ヽーっ

・波紋 最終楽章ジークフリードの剣 3UUU インスタント
 あなたは対象のパーマネントのコントロールを得る。
 あなたの墓地にある波紋 第四楽章ローランの数だけ、この呪文をコピーする。

『フリート』が『フリード』になっているのはご愛嬌。
問題はそこではなく、ありえないほどの強さ。ちょっとこれはぶっ壊れすぎです。
デメリットがなんにもない・・・酷過ぎます。作った人の脳を疑います。俺か。俺だ・・・('A`)
「追加コストとして、あなたのライフを半分(端数繰上げ)にし、貴方の墓地にある
波紋カードを4枚取り除く」くらいは欲しかったです。それでも強いんですけどね!!
このカードの存在は確実に失敗です。多人数戦で一人勝ちできるレベルのカードが
一番上のセレ+リネコンボで即引いてこれるって・・・あばばばばば


上記4点が直れば、まぁなんとかバランスのとれた環境になるかと・・・
多色カードにぶっこわれ気味のが存在していますが、単色推奨なのでそれはまぁ良しとします。
オリカを単純に作るのと、オリカの集まったセットを作るのとでは
まったく違うという事を実感しました。常に他のカードも参照しつつ、
元ネタに合ったカード性能を心がける事の大変さ 何より面白さ。
カードの効果をああでもないこうでもないと話し合っている時間は最高に楽しく、
この夏の楽しかったイベントTOP3に入る勢いです。
せったん本当にありがとう・・・というところで雑記終了です。


拍手返信
>うん、健全健全。ワシのサイト?健全健全。
>僕たち健全仲間―♪sushi

sonnakotoiwaretano.jpg
スポンサーサイト

[2008/08/23 11:53] 雑記 | ト ラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neosino.blog99.fc2.com/tb.php/420-dcff1996


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。